2012年12月31日

さよなら2012年

Hero of the year 2012
Hero of the Year !!

象を撫でる盲人たちのように誤解したままでもいいじゃないかとも思うのだけれど、気がつけばワタシ達は答えがなければ気が済まないかんしゃく持ちの度合いがどんどんと進行してしまってるようで、そういう気分をもたらす主犯を、断定する快感の虜になった言葉たちが独自に編み上げたネットのマトリクスに求めるのはたやすいしおそらくそういうことなんだろうとは思うにしろ、全体性の曖昧な誤解/誤謬を余白の心地良いクッションとしていた世界をネットの断定がキリキリと絡め取っていく様子を端から目撃してきた側からすれば、俯瞰を可能にしたつもりの世界が視界に収まるのはその圧縮が可能だったからではなく単に萎縮したに過ぎないようにしか思えずにいて、そしてその萎縮がスタンダードとなることで外された梯子から落ちていくあれこれの光景がいやでも目に入る日々は今年も終わらないままであったし、来年はもっといろいろと落ちていくだろうことはそれなりに承知している。ならばワタシは誤解にまみれた物言いをすることで少しでも断定の人や物から目をそらす手だてをしていこうと、あいかわらず益体もないことを大晦日に考えてみたりもしたのである。

では、みなさま良いお年を。
posted by orr_dg at 16:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | Misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
言葉に熟すのが遅くて今になってしまって。。

あけましておめでとうございます。
今年もオアさんの文章が読めることがうれしいです。

わたし、考えつきました。
温故知新、、です。
そういうことなしに、
拠って立つ礎がないスピードだけで未来を見ようとすると、
今しか見えていないかもしれないと思いました。
Posted by セイ at 2013年01月05日 23:24
あけましておめでとうございます

そうなんですよねえ、温故知新
“今”に拘泥し過ぎると、というか
“今”だけで手一杯に思えてしまう閉塞感が実は厄介な気がします
善いことも善くないことも
好きなことも嫌いなことも
正しそうなことも正しくなさそうなことも
全部が積み重なって“今”になっていると思うのですが
その上澄みの部分をすくい取る勝負に巻き込まれることでしか
“今”を実感できない体になってしまっているんでしょうか
それを頭ごなしに否定するつもりはありませんが
ワタシに関して言えばそれは解放よりは閉塞を呼び込むことが多くなってきた気がします
何をどうすればいいのかまだわかりませんが
これ以上削られることのないようにしたいと思ってます

新年早々愚痴っぽくて失礼しました
本年もよろしくおつき合い下さい!
Posted by オア at 2013年01月06日 15:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック