2012年12月11日

ダーケストアワー 消滅/ロシアより俺をこめて

ダーケストアワー
オフィシャルサイト

『プロメテウス』のスタッフ×『ウォンテッド』の監督が革命的ビジュアル・イメージで放つ、世界の滅亡と人類の逆襲!

と、まずは言いたいことを言わせるとして、『プロメテウス』のスタッフ=脚本のジョン・スペイツでこちらがデビュー作だし、『ウォンテッド』の監督=ベクマンベトフはあくまで製作にすぎす、クリス・ゴラックという地味な名前の監督は『ブレイド3』の美術担当だったり『ロード・オブ・ザ・ドッグタウン』のプロダクション・デザインだったりとなかなかとっちらかったキャリアの持ち主で由緒正しい羊頭狗肉という点では間違いがないにしろ、そのわりにはエミール・ハーシュとかマックス・ミンゲラとか地に足がついた系の若手がかり出されていて、とはいえモスクワロケというぼんやりとしたエキゾチシズムが彼らをあっけなく相殺してしまっているとか、そうした背丈のつかみづらさはそのまま映画にも作用してスケールがデカいのかセコいのかその遠近感に最後まで幻惑されっぱなしだったのである。目の敵にしてもおかしくないロシア人スカイラー(ジョエル・キナマン)を放り出さない理由を聞かれて、「いや、彼は英語がしゃべれるから必要だろ」と極めてドライな答えをショーン(エミール・ハーシュ)にあてがうあたりで、おお、何だか筋が通っていると感心してみればその数分後にはスカイラーは灰と化してしまい、では誰一人ロシア語を話せないモスクワでこの先どうやって生き延びるんだろうと解決策を待ってみれば、それ以降出会うロシア人はなぜか皆さん片言で英語が話せたりもするし、そもそもモスクワ市街地を舞台にしたパニック映画でありながらモブシーンが皆無で、これについては、異変発生直後から数日の間、主人公達を地下室に籠城させることで阿鼻叫喚を描かないで済ませるという窮余の策であることが3000万ドルという決して多いとはいえない製作費からうかがえて、時折巨大な旅客機や船舶の残骸をアップにすることでしょっぱいスケールを誤魔化してはいるものの、やってることは『パラサイト』とか『アタック・ザ・ブロック』といったご近所の戦争であるし、街外れの路線バス車庫で行われる最終決戦の放課後感に至っては、人類を救う闘いが決まって多摩ニュータウンの造成地や人気のない倉庫街で繰り広げられた仮面ライダー達の健気までも思い出して、合成頼みでガンエフェクトすらないはりぼてのボンクラ手作り電磁波銃をかかえて、ああ、おそらく俺はこれでショーン・ペンに愛想を尽かされるだろうなと目を伏せたに違いないエミール・ハーシュの心中いかばかりかといったところである。では肝心のエイリアンはと言えば、予算の都合もあってもっけの幸いとばかり不可視で不定型なエナジー体というアイディアに飛びついたのだろうけれど、それだとフィジカルな攻撃と殲滅の結果にケレンが圧倒的に足りないことに気がついたのだろう、断末魔の瞬間にその実態を一瞬だけ現すようにしているのだけれど、これがまた何というかワタシに許された一縷の望みすらあっけなく握りつぶすその姿は黒いエヘン虫にしか見えなかったのである、しかもドット絵のような。驚かれただろうか。ワタシは驚いた。というか負けたと思ったし、『渚にて』を気取ったラストを鼻で笑っていたらその後で自らそれを台無しにするかのようないっそうの下世話を微塵の迷いもなく書き足した真顔には、鼻で笑って悪かったとすら思った。そして、分かる必要などまったくないのに分かったのはティムール・ベクマンベトフという男が火中の栗を拾うのに快感を覚える男であるということで、しかも栗を火にくべているのはベクマンベトフ自身であったという救いがたい変態と断絶までも分かってしまったのである。分かる必要などまったくないのに。
posted by orr_dg at 19:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | Movie/Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読みながら笑いました、くすくす。
オアさんの悪意は潜ませようにも顔を出し、
しかし炸裂させようにも相手がひ弱、
それで生まれたこの文章はとてもわたし好みで・・・・
Posted by セイ at 2012年12月12日 17:29
まああれです、罪深いのは撮った人間で映画に罪はないので、基本的にはどの映画も愛い奴だとは思ってますが、でも思ってるからこそ時々意地悪をしたくなります
Posted by オア at 2012年12月12日 21:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック