2008年01月12日

墓場鬼太郎/ハカバキタロウ


墓場鬼太郎
オフィシャルサイト

期待半分でおっかなびっくり見始めたけど、そんな半分程度の期待なんか軽々とクリアしててすごくポップで面白かったのにちょっとビックリ。これなら人間世界を見下しつつもそこで生き抜かねばならないニヒルな鬼太郎をそのまま動かしてくれそうで、望外の楽しみが増えて嬉しい限り。野沢雅子、田の中勇、大塚周夫(はまだだけど)といった面々もスラップスティックな転がし方だとさすがに辛かっただろうけど、紙芝居みたいに勿体ぶったこのリズムだと味わいのままに沁みそうでいい感じ。OPはあれはあれで全く問題ないんだけど、個人的にはここでゆらゆら帝国の「19か20」使わないでどうすんだよって感じ。坂本氏のリスペクタブル水木先生っぷり(「怪」の対談は必読!)からしてもガチでしょ。電グル/中川翔子でソニーがこの枠を押さえてるんならなおさら何で?って感じ(と思ったけどあの曲の原盤はMIDIでした)

墓の中から踊り出す 真っ赤な目をした赤ん坊
ブーツが欲しくてたまらない たまらないぜ

眠らないのがあたりまえ 夕方6時に食べたパイ
ジュースやケーキじゃ踊れない 踊れないぜ

15で世界は光りだし
19か20で終わりそう

墓の中から踊り出す 真っ赤な目をした赤ん坊
電気やバイクじゃシビレない シビレないぜ

遊ばないなら用は無い
夕べのあの子のヘビにキス
19か20の赤ん坊
昨日出てきたばかりなんだけど

15で粒子は荒くなる
19か20で目が眩む
墓の中から踊り出す 真っ赤な目をした赤ん坊
ジュースやケーキじゃ踊れない 踊れないぜ


思わず全歌詞キー叩いちゃったけど、あの仕上がり見たらますます確信したよ。この曲以外OPはあり得ません。でもまあ、次週「下宿屋」のエピソードで開き目が左に変わってたらこれはもう神作品ということでDVD全部揃えます。まあ変わってなくても揃えるんだけどね。
posted by orr_dg at 02:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | Animation/Comic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もともとは暗くて怖い、貸本時代の鬼太郎だったんですね。
紙芝居用だったかも。
ショコタンはSONYもプログの影響力を最大化して
紅白までこぎつけましたねぇ。
中川画伯の漫画もスラップスティックです。

NHK教育の「電脳コイル」もなかなか面白いです。
「ドロヘドロ」カイマンのフィギュア発売されます。
Posted by 山の上 at 2008年01月12日 09:51
カイマンのフィギュアは、以前見たサンプル画像だと
ちょっと棘が少ないなあと思ったのですが
製品版はどうなるんでしょうね
Posted by オア at 2008年01月13日 00:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック