2005年10月30日

蟲師「第二話 瞼の光」/おまえも昔はあんなだったじゃないか


mushishi
オフィシャルサイト

これは素晴らしいアニメーション化じゃないだろうか。原作の持つそこはかとない淫靡さと残酷さを失わないような抑制の効いた絵作りで、浮遊する緊張感がとても心地よい。ギンコの声は少し愛想が良すぎる気がしないでもないが、慣れで押さえ込める範囲なので問題ないだろう。自ら辺境を歩く生き方を選んだ(選ばざるを得なかった)にもかかわらず、対峙する人々の人生に関わることによって自らも傷を負わざるをえないギンコはハードボイルドの体現者でもあるわけで、ワタシにとっての「蟲師」の魅力はそこにあるのだが、そうした魅力を損なうことなく、光と色のさざめきが加わったこちらの「蟲師」はこれから先が本当に楽しみだ。第一話を見逃して後悔してたんだけど、これは多分DVDを買うことになりそうだからそれまでの楽しみにしとこうかな。ちなみに次回第三話は『柔らかい角』。ところで『筆の海』はチョイスされてるんだろうか。淡幽の紙魚あしらいとギンコとの邂逅は楽しみなエピソードの一つなので、こちらも期待して待つ。
posted by orr_dg at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Animation/Comic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック