2005年08月14日

敵は隣にもいた!今季初観戦−巨人vs阪神@TOKYO DOME

12回表の時点で中日の敗戦は情報として伝わってたはずなのに、久保田に代打を出さなかったのはちょっと消極的すぎないか?日頃、星勘定はまだ早いってなこと言ってる割には、引き分け狙いでしかない采配は?だよ。スペンサーもまだ残ってたし、それで点が取れなかったら桟原と心中でいいじゃないか。相手があっての勝負事だから、勝ったり負けたり打ったり打たれたり取ったり取られたりはしょうがないけど、どんな風に勝負に臨んだかも含めて見てる側は面白がりたいんだよね。これから状況はどんどんタフになっていくのに、弱気の虫が鳴き始めたらつまらん野球になっちゃうよ、どんでん。
それに対してヨミウリはローズと清原が抜けて、堀内が本来実践したかったであろうスモール・ベースボールができつつあるみたいだ。これでライトに高橋由が戻ってくれば結構いやらしい打線になるんじゃないかな。
ゲームの内容は別として、今晩は隣の席に座った初老の男性の口臭がきつくて相当に参った。甘ったるい腐臭というか何というか、「ぅむはぁ〜」とか「くふはぁ〜」とかため息だかなんだかわからないものを頻発してその度に強烈な一撃をお見舞いされる。悪意がない(多分)だけに、こちらが我慢するしかないんだよねえ。正直、敗戦より応えました。それもこれも、成人男子の体格を無視した窮屈な座席も不快感の一端となってるわけで。それ以外にも、横浜や神宮と比べると尋常じゃない人数の、ビールその他を売り歩くお姉ちゃん達に絶えずグラウンドへの視界を遮られることや、もしも星野が監督になったらジャビットは即刻解雇だろうなとか、読売巨人軍はマーケティングとかブランド管理に金や労力をもっと注力すべきだとか、“負けて悔しいがゆえの愚痴”以外のなにものでもない黒いものが胸の内にふつふつと湧いてきて不健全このうえないので、この辺で強制終了しときます。鳥谷、明日はバントちゃんとやれよ。

posted by orr_dg at 02:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tigers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック